お肌を老化させてしまう

Written by admin on 2020-12-29 in アンチエイジング with no comments.

元々、アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢ということで、若返りと勘ちがいしてしまいそうですが、ただの若返りではなく年齢の進行をできるだけ抑え、本当の年齢より若く見せるという考え方の方が合った見方です。

現在アンチエイジングというものは、基礎化粧品だけではなく、サプリやホルモン治療といった分野でも進化しているのです。一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。その具体例として挙げられるのは、最近になってCMで話題の「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが今や周知の事実です。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いという特質があります。適度な飲酒(適度な量であれば、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)は体に良いと言われているものですが、喫煙は何もメリットがありません。肌の健康を保つためには血管による代謝が不可欠ですが、タバコの効き目はとても早く、迅速に血管を収縮させるので、肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)が貯まってしまいます。真っ先にダメージを受けるのは表皮です。肌の表層である表皮の機能が落ちると、真皮に紫外線や乾燥などの影響が及ぶため、肌の衰えが顕著になってしまうと、小皺が出てくるのです。美肌をもとめるなら喫煙はやめておいたほうが良いと思います。

美しい肌つくりに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。

その一番のメリットは、抗酸化作用になります。お肌を老化させてしまう活性酸素のはたらきを抑え込み、シミからお肌を守ったり、元からあるシミも消していってくれるでしょう。これは是非とも摂らなければと思う効果が期待できるポリフェノールですけれども、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。

昔っから花粉症に悩まされているのですが、スギ花粉の時節がやってくると、肌が敏感になり肌荒れを起こしてしまいます。

なので、この時節にメイクをするとより悪化するので、ナチュラルメイクで過ごすようにしています。アイメイクくらいはしたいなと思うのですが、肌が本当に敏感になっているため、目がより痒くなり、絶対にできないのです。吹き出物がでてしまうと治癒し立としてもニキビの跡が気になることがたびたびあります。気になる吹き出物の跡を抹消するには、赤みが残るニキビの跡にはビタミンCを含んだ、美容液や化粧水をたっぷりと使って、色素が沈着したニキビ跡にはピーリングが効き目があります。洗顔を終わらせた、その後の10秒間は肌にとっては特別大事な時間になります。

お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。

短くて重要なこのラッキータイムに何もしないでいるのはとても残念なことですし、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。

洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、たっぷりの化粧水で肌のケアを行って下さい。乾燥肌、敏感肌の人の場合、毛穴が小さい為、少しでも皮脂があると目詰まりになり炎症をを起こしてしまいます。乾燥している肌はオイリーな肌と同様ニキビができやすいんですね。

さらに肌の防御機能が低下していることから外からの刺激に対し脆弱で、肌荒れが発生しやすい状況でもあるのです。ニキビや肌トラブル(若い人でいえば、ニキビや吹き出物、毛穴のつまりや黒ずみ、三十代になるとシミやシワ、たるみやくすみなどが気になりますね。)に陥らないためにも、乾燥肌をケアすることが望まれます。ここ2年から3年、急に肌のシワが気になるようになってきました。

笑いシワならいいじゃないと言われますが、笑っ立ときの目尻と口元のシワが多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。そのあたりのお手入れは、夜遅く帰宅しても、ちゃんとしていて、時節によっても変えたりしています。乾燥しやすく皮膚が薄い目基については、クリームとジェルの合わせテクニックで効く保湿を欠かさないようにしています。これでも万全でなかっ立とは。アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも発症することが少なくありませんから、敏感肌、乾燥肌の人用の入浴剤を使用したり、保湿、保水成分が十分に入ったスキンケア用品で処理すると良いですね。

また、軟水で顔を洗ったり、体を拭いたりすることも悪くありません。

軟水は肌を刺激する成分が入っていないことから、アトピーの方には適しているのです。

Comments are closed.